この記事では、「座」について学習したことをまとめている。

本記事について、過誤・誤記など見つけましたら、お問い合わせよりご教示願います。

スポンサーリンク

漢字「座」

総画数十画
部首广部
音読み
訓読みすわ(る)
いま(す)

くら
種別教育漢字
常用漢字
漢字検定5級

「座」の形

「座」の異体字

 

「座」の成り立ち

六書は会意形声。

广と坐(すわる。サ・ザ)とから成る。

「座」の構成

 

「座」を構成に含む漢字

 

「座」の筆順

「座」の音

「座」の日本漢字音

音読みを表にまとめる。

漢音
呉音

訓読みを表にまとめる。

座るすわる
座すいます
くら

人名を表にまとめる。

おきくら

「座」の中国漢字音

韻目平仄
四声去声
圏発
平水韻二十一箇
声母
韻母
現代中国音拼音方案zuo
ウェード式tso

「座」の義

「座」の本義

すわる場所。すわる所。

「座」の転義

  1. しきもの。しとね。
  2. ざしき。
  3. ものをすえる台。
  4. 集まり。つどいの席。人の集まり。
  5. おさまる地位。くらい。
  6. 星のやどり。

「座」の国義

  1. すわる。
  2. ざ。舞台や劇場などの名。
  3. 能楽・歌舞伎などの団体。
  4. 中世の商工業の同業組合。
  5. 江戸時代、幕府の監視下にあって貨幣などを造った公設の機関。
  6. 神仏の像などを数える語。
  7. くら。くらい。
  8. います。いる・あるなどの尊敬語。
スポンサーリンク

語彙「座」

「座」を含む言葉

 

「座」の熟語

上つき

 

下つき

 

三字熟語

 

四字熟語

 

五字以上の熟語

 

「座」を含むことわざ・慣用句・故事成語

 
スポンサーリンク

参考図書

記事を書くにあたり参考にした書籍をまとめる。

タイトルとURLをコピーしました