この記事では、「仕」について学習したことをまとめている。

本記事について、過誤・誤記など見つけましたら、お問い合わせよりご教示願います。

スポンサーリンク

漢字「仕」

総画数五画
部首人部
音読み
訓読みつか(える)
つかまつ(る)
種別教育漢字
常用漢字
漢字検定8級

「仕」の形

「仕」の異体字

 

「仕」の成り立ち

六書は会意形声。

人と士(官職に従事する者。シ)とから成る。

「仕」の構成

 

「仕」を構成に含む漢字

 

「仕」の筆順

「仕」の音

「仕」の日本漢字音

音読みを表にまとめる。

漢音
呉音

訓読みを表にまとめる。

仕えるつかえる
仕るつかまつる

人名を表にまとめる。

つかうまなぶ

「仕」の中国漢字音

韻目平仄
四声上声
圏発
平水韻四紙
声母
韻母
現代中国音拼音方案shi
ウェード式shih

「仕」の義

「仕」の本義

つかえる。官職に就く。目上の人につきしたがって働く。

「仕」の転義

  1. つかえ。みやづかえ。
  2. つとめる。仕事とする。
  3. 察する。

「仕」の国義

  1. つかまつる。する・おこなうの謙譲語。
スポンサーリンク

語彙「仕」

「仕」を含む言葉

 

「仕」の熟語

上つき

 

下つき

 

三字熟語

 

四字熟語

 

五字以上の熟語

 

「仕」を含むことわざ・慣用句・故事成語

 
スポンサーリンク

参考図書

記事を書くにあたり参考にした書籍をまとめる。

タイトルとURLをコピーしました