労働基準法第四十一条

スポンサーリンク

条文

(労働時間等に関する規定の適用除外)

この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。

一 別表第一第六号(林業を除く。)又は第七号に掲げる事業に従事する者
二 事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
三 監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

解説

第一項

本条該当者であっても、深夜業と年次有給休暇の規定は適用される。

第一項第一号

第一項第二号

「監督若しくは管理の地位にある者」とは、部長、工場長等、労働条件の決定その他労務管理について、経営者と一体的な立場にある者をいう。

つまり、規制の枠を超えて活動することが要請されざるを得ない重要な職務と責任を有し、現実の勤務態様も労働時間等の規制になじまないような立場にある者であり、賃金等の待遇面について、その地位にふさわしい待遇がなされている者をいう。

「機密の事務を取り扱う者」とは、秘書その他職務が、経営者又は監督若しくは管理の地位に在る者の活動と一体不可分であり、厳格な労働時間管理になじまない者をのをいう。

第一項第三号

「監視又は断続的労働に従事する者」とは、一定部署にあって監視を本来の業務とし、常態として身体の疲労又は精神的緊張の少ない業務に従事する者(守衛や門番等)、休憩時間は少ないが手待時間が多い者(寄宿舎の管理人、宿直又は日直の勤務で断続的な業務を行う者等)をいう。