労働基準法第三条

スポンサーリンク

条文

(均等待遇)
使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない。

解説

「国籍、信条又は社会的身分」とは、限定的に列挙したものであり、これら以外の理由で労働条件について差別しても、本条違反にはならない。

「信条」とは、特定の宗教的又は政治的信念のことである。

「社会的身分」とは、生来的な地位のことであり、職制上の地位による待遇の差異は、本条違反にはならない。

「労働条件」とは、職場における労働者の一切の待遇(賃金・労働時間・解雇・災害補償・安全衛生・寄宿舎等)を指し、採用は含まれない。

差別的取扱には、不利に取り扱う場合のみならず、有利に取り扱う場合も含まれる。